お葬式

  • もしものときは、 まずご一報ください

なぜお葬式をするのか

いかなる人間であっても、別れのときがやってきます。昔から、身近な人を喪った時、その人が生き返ってほしいと願い、どうしても生き返らないと感じ取ったときには悲しみ、嘆き、そして別れを告げ、丁重に葬ってきました。地域や文化、宗教などの違いによって、お葬式の執り行い方はさまざまです。違いはあれど、故人を偲び、悲しみ、丁重に弔うこと自体には変わりはありません。大切な方との別れは悲しく、辛いものです。故人にとっての「人生の卒業式」。十分に別れの時をもち、見送ることで、生かされていることに気づき、「つながり」を感じましょう。

お葬式の流れ

本内容は宝林寺近郊地域の風習・慣習によるもので構成されており、儀礼等に関しては黄檗宗の儀礼に則った形で記載しております。