縁起

  • 開山

      • 大拙祖能禅師

          • 諡号:廣圓明鑑禅師
          • 臨済宗建長寺第四十九世
          • 臨済宗円覚寺第四十世

  • 中興開山

      • 潮音道海禅師

  • 中興開基

      • 直伝覚心居士(須田七郎兵政本)小山市寒川町

      • 大機宗信居士(吉田六左衛門) 熊谷市四方寺

 宝林寺の縁起については、再三の火災により、詳細は現在に伝えられていないところもありますが、開山が大拙祖能禅師であり、数多くの弟子を輩出し、また、中興開山潮音道海禅師の時代には、伽藍が建立されていたとする記録もあり、潮音道海禅師を慕い、数多くの僧侶がこの地に訪れたといいます。現在では、本堂と鐘楼堂を伝えるのみとなっていますが、その当時の隆盛は想像に難くないものと考えられます。

 中興開基である須田覚心居士が、「師(潮音道海禅師)が慕われている中国天目山の中峰国師の法孫で、大拙祖能禅師が建立した寺が上州にありますが、大変荒れたままで檀信徒は再建を望んでいます」と潮音道海禅師に云い、この話を聞いた潮音道海禅師は、もとより中峰国師の禅風を最も慕っていたため、その再建に頗る意欲を見せました。そこで、須田覚心居士は、武州四方寺村(埼玉県熊谷市)の邑長吉田六左衛門宗信(大機居士)、その弟吉田四郎兵衛、栗原助左衛門、森田権右衛門等と諮って、潮音道海禅師を上州眞福山宝林寺に迎えることになったのでした。寛文7年(1667年)2月15日、潮音道海禅師は上州新福寺村(群馬県邑楽郡千代田町)の眞福山宝林寺に進山されました。その住山の偈に

  • 瓶錫相携入寳林|瓶錫 相携えて寳林に入れば
  • 門庭寂寞緑苔深|門庭 寂寞として緑苔深く
  • 国師面目依然在|国師の面目依然として在り
  • 明月一天耀古今|明月一天 古今に耀く

と詠まれました。

 潮音道海禅師の寳林寺復興に対する意欲は燃え住民を集めて「当塗王経(観音経)」の講義をはじめました。それは、豊かな学識と薀蓄のある見事な講義で、住民にとっては長い旱魃のあとの慈雨のごとく、人々の心は揺り動かされましたから、忽ち領内の大評判になりました。

 この評判が館林城に伝わり、ときの城代家老金田遠江守正勝(梅山居士)と家老の本多甚左衛門(古巌居士)が「近頃江戸で評判の潮音道海禅師が領内にいるなら、城内にお招きして法話を聞きたい」と直ぐに迎えを出しました。そして、館林城での法苑は20日あまりに及び、城代家老金田遠江守正勝をはじめ数多くの家中が帰依しました。その評判もまたたくまに関東一円にひろまり、老若男女問わず、法苑が開かれるとそれを聞くために数千人とも知れず、ときには一郡が傾いてしまうといわれるほどの人が集まりました。

和暦西暦概要
徳治元年1306年寳林寺草創
天正年間1573~91年兵火により荒廃
承応 三年1654年隠元禅師、長崎に上陸
寛文元年1661年徳川綱吉公、館林藩主となる
隠元禅師、京都宇治に黄檗山万福寺を開創
寛文七年1666年2月15日
中興開山潮音道海禅師寳林寺進山
寛文九年1669年徳川綱吉公、萬徳山廣済寺を開創
木庵禅師を開山に奉じ、十月十日、潮音道海禅師二代住持として進山
寛文十年1670年黒田信濃守(泰嶽居士)、洪鐘を鋳し、萬徳山に鎮す
寛文十一年1671年室賀総州守、康祐法眼に命じて天人師像を造らせる。佐野吉之丞渡辺平左衛門、迦葉阿難二尊を造る
寛文十二年1672年康祐に命じ、祖翁の寿像(潮音道海禅師)を造らせる(現:普賢寺安置)
栄三尼、韋駄天像を造る
井上泰然居士、弥勒菩薩像を造る
神戸長蔵居士、伽藍神像(華光菩薩)を刻む
飯田一空居士、祖像を刻む
延宝元年1673年智堂徒、眞福の方丈を建つ
延宝七年1679年潮音道海禅師「旧事本紀大成経」正部四十巻刊行
天和三年1683年五月二八日徳松君没し、館林城取り壊し令下る
萬徳山廣済寺取り壊し
什物等寳林寺へ
〜元禄三年〜1690年伽藍竣工
元禄八年1695年潮音道海禅師、万亀山臨川寺にて示寂
元禄十年1697年京七条中仏所二十六代仏師康祐三男康倫 釈迦如来像造立
〜慶応二年〜1866年再三たる大火により焼失
明治三十四年1901年本堂再建
平成十八年2006年本堂・山門再建
平成二十四年2012年庫裡再建
平成二十八年2016年鐘楼堂再建