梵鐘

宝林寺の梵鐘


 

千代田町指定文化財(旧国指定重要美術品)

  • この鐘は、国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉が、当時、宝林寺に来住の潮音道海禅師を住持に迎えて創建した館林の廣済寺に、寛文10年(1670)家老の黒田信濃守が寄進したもので、潮音の師木庵性瑫によって銘が刻まれています。
  • 徳川綱吉が5代将軍となった後の天和3年(1683)、館林城は廃城、廣済寺も取り壊しとなり、本尊、什宝等が宝林寺に移されました。その後、江戸深川に廣済寺が再建され、前記什宝等の引き渡し要求があり、交渉は難航しましたが、天保14年(1843)小幡龍門寺、三光和尚の斡旋により解決し、梵鐘等すべて宝林寺に永代伝えることになりました。また、重要美術品の指定のため、戦時供出にもあわず、今日に伝えられています。

梵鐘銘文

  • 萬徳山鐘銘並引館林宰相公為檀主開萬徳山広済禅寺延潮音海知蔵安禅立僧作第一代之住持黒田信濃守泰岳居士発菩提心捐金鋳蒲牢以鎮山門庶晨昏叩撃洪音郎徹普被幽冥並及山川神祇鬼趣獲聞斬音頓脱辛楚之難而超浄域自古以来凡有寺宇莫不懸鐘置盤極施其大利也由是来請厥銘山僧喜其素為勝事及援筆而書日
  • 大地為炉治須弥作炭塊鋳出妙洪音高懸碧落背撃叩声無虧円聞苦
  • 有隊頓脱業撃塗超昇極楽円厥巧並海深其徳与天配永鎮比山門萬
  • 石而長在吾説斬偈言流芳百億載玉葉及金枝昌昌無窮代 旹在  
  • 寛文十年庚戌季春吉旦
  • 臨済正伝第三十三世 黄檗木庵瑫山僧謹書

鋳工 宇田川藤四郎藤原次重


 

旧鐘楼堂
新鐘楼堂

基音周波数:163.5Hz

対数減衰率:0.00093

2012年の調査で上記結果が得られ、西(阿弥陀如来の極楽浄土の方向)を意味する平調にわずか4セント低い音でした。また、奈良時代から江戸時代までの鐘の対数減衰率が平均0.00129と言われている中、当寺の鐘の対数減衰率は0.00093となり、かなり小さく余韻が長い梵鐘ということが測定結果から得られました。