法事・法要

なぜ法要を行うのか。

四十九日、百カ日、一周忌、三回忌と故人様がご逝去されてからは期間が短くなっており、これらはご遺族の方が大切な方の「死」を受け入れるために必要なことです。その事実を受け入れ、悲しみ涙する。それが大切です。そして、三回忌以降は追善供養と呼ばれ、今を生きる方々が故人様へ「一所懸命励んでいるよ」「これからも応援してね」とメッセージを送り、エールをいただく機会です。このように故人様の法要を通して、家族が集まり、昔話に花が咲く。そうすることで、1人で生きているのではないということに気づき、脈々とつながるその生命を感じることができるのです。

一三仏 裁判官
不動明王
秦広王
一三仏 裁判官
釈迦如来
初江王
一三仏 裁判官
文殊菩薩
宋帝王
一三仏 裁判官
普賢菩薩
五官王
一三仏 裁判官
地蔵菩薩
閻魔王
一三仏 裁判官
弥勒菩薩
変成王
一三仏 裁判官
薬師如来
泰山王
一三仏 裁判官
観音菩薩
平等王
一三仏 裁判官
勢至菩薩
都市王
一三仏 裁判官
阿弥陀如来
五道転輪王
一三仏 裁判官
阿閦如来
蓮華王
一三仏 裁判官
大日如来
祇園王
一三仏 裁判官
虚空蔵菩薩
法界王