1. HOME
  2. ブログ
  3. 【お坊さんの寺めぐり】正久山妙立寺

【お坊さんの寺めぐり】正久山妙立寺

  • 宗派:日蓮宗
  • 移築建立:寛永20年(1643年)
  • 開基:加賀藩第三代藩主前田利常
  • 別称:忍者寺

縁起

日蓮聖人の法孫・日像上人作の祖師像を安置する。寛永二十年(1643年)、三代藩主前田利常公の命により、城内にあった祈願所を移し、運上町に創建された。前田利常は当時すでに隠居し小松に居を構えていたが、四代藩主光高の後見人として依然としてその権力の座にあった。当時、加賀藩は百万石の禄高を誇る外様大名の雄として徳川幕府から常に監視下に置かれ相当の緊張状態にあった。実際、幕府内では加賀征伐の計画すら存在したという。こうした背景にあって、利常は金沢の街をはじめとして、幕府の軍勢を迎え撃つ為の態勢を整えていった。
 金沢城を挟む犀川と浅野川を自然の濠に見立て、両河川の外側に寺院群を移築し、城の防備とした。特に、犀川は川幅もあり、寺町台からは急な斜面となり、しかも現在の犀川大橋以外には橋を架けることなく渡し船を用いた。これは、福井方面からの幕府軍勢の侵攻を想定したもので、金沢城が直接攻撃される以前に寺町台で迎え撃つとの計画に基づき、寺町寺院群に出城の役目を持たせたものといわれる。
 その中で、当山は短期間に能登石動山、新竪町そして現在地へと移転が行われ、寺町寺院群の中では比較的遅い時期に(1650年代)に移築された。以降、前田家の祈願所として歴代藩主自らが参詣し、武運長久と庶民の安穏を祈願した。また一方では、万一の場合の出城として、その中心的役割を持たせたと言われる。そのため、建物全体が迷路状となり極めて複雑な構造を有し、今日では『忍者寺』の別称持つ。
 開運の祖師として、藩主や前田家家臣にとどまらず、身分や宗派を問わず数多くの参詣者が訪れ、「常題目の妙立寺」として広く親しまれてきた。文久二年(1862年)には祖師堂の一部が火災にあったが、前田家の援助を得て直ちに復興している。同時に、それ以前は現在の裏門を正面としていたが、道幅が狭く多くの参詣者による混雑のため、北国街道の裏街道ともいえる鶴来街道側を正面とし、兼六園内にあった竹澤御殿の正門を拝領し、現在の形が整った。

引用:妙立寺|由来・見どころ(http://www.myouryuji.or.jp/origin/

とある記事をみて、前々からいつかは訪れたい!と思っていたこの忍者寺。ついにこの目で確かめることができました。忍者寺という別称で親しまれているこのお寺ですが、忍者がいるわけでも忍者が居住しているわけでもありません(笑)数多くの隠し階段や切腹の間などがあり、まるで迷路のような構造をしています。そして、外から見ると2階建ての本堂ですが、中に入れば4階建て7層となっていて、23の部屋と29の階段が入り乱れるからくり構造になっており、種々の仕掛けがあることから「忍者寺」と呼ばれるようになったそうです。

ガイドつきじゃないと拝観できないお寺で、拝観料なんと1000円・・・ちょっと高い(笑)電話予約必須で、1時間単位でしか入ることができないようです。15時からの拝観に予約したのですが、そのときですら、おそらく1回の拝観で50人はくだらない方々がこの忍者寺をひと目見ようと訪れていました。すごい集客力・・・!

そして、残念ながら内部の撮影は禁止で、この素晴らしい構造をお伝えすることができません。以下の記事が細かく説明していくれていると思いますので、参考までに。

エッセイスト・宮田珠己の「迷宮は人生のインフラである」【1】日本最高の歴史的建造物は金沢の「妙立寺」である​

ちなみに、この記事をみて、これは見てみたい!となりました。

まさに百聞は一見に如かず。写真だと伝わりません。この各種のからくりは1人で拝観したら出口がわからなくなります笑 ガイドさんもこなれた口調で説明してくれるので、ほうほう、とうなずきながら拝観することができます。完全に観光スポットですが、これはお寺好きに関わらず、行く価値ありです!

正久山妙立寺

  • 〒921-8639 石川県金沢市野町1-2-12
  • 開門時間:
    • 夏季:9時~16時30分 冬季:9時~16時(要予約)
  • 拝観料:
    • 大人(中学生以上) 1000円  小学生 700円
  • WEB:http://www.myouryuji.or.jp/

関連記事